スポンサーサイト

2015.05.18 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    春が2階から落ちてくる話

    2009.05.24 Sunday

    0
      こんにちは。



      「井坂幸太郎」が原作の『重力ピエロ』が映画化されて、


      上映が始まってるらしいですが、


      私、この原作の小説を、友達の KANIさん に薦めて貰って、


      半年位前に読みました。


      とりあえず、「春が2階から落ちてきた」で始まる冒頭を読み始めた瞬間から、


      この小説のお洒落な雰囲気が漂っていました!



      そして本編の中で非常に感銘を受けた2人の偉大なアーティストの話を本日はしたいと思います。


      まずは一人目、

      『エッシャー』(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 - 1972年3月27日)

      について触れたいと思います。


      エッシャーは昔美術の時間に習った記憶があるのですが、


      だまし絵で有名なオランダの画家です。


      作品をご覧下さい↓↓↓



      眺めれば眺めるほど、柱の"具合"がどうにもおかしいですよね!

      不思議です...





      コレに関しては、兵隊みたいな人たちが、永遠に階段を上っているように見えます。





      コレに至っては、一生涯かけて水が循環しています!!



      とこんな感じで、常軌を逸脱した才能の持ち主です。




      2人目も常軌を逸脱しています。

      『ローランド・カーク』
      (Rahsaan Roland Kirk, ラサーン-,1936年8月7日 - 1977年12月5日)です。





      写真は『ローランド・カーク』の【volunteered slavery】というアルバムのLPです。



      彼は盲目のサックス奏者です。


      演奏映像を見ました。



      登場の瞬間から愕然としました!!



      だって、サックスを3本ぶら下げて、フルートを持ち、


      その他にもサイレンやホイッスルなど音のなるものをぶら下げて登場した。


      演奏が始まると、さらに驚かされる。


      サックスを吹きながら、鼻でフルートを吹いたり、


      サックスを吹きながら、あいている口の隙間でスキャットを奏でる...


      なんせ、常人のなせる業ではなかったです!!



      あと、『ローランド・カーク』は循環呼吸奏法の世界記録保持者だそうです。


       (循環呼吸奏法とは、長い音符やフレーズを途切れることなく長時間演奏することです。)


      2時間21分途切れることなくサックスを吹き続けたそうです(非公式)。



      目や耳に障害を持っている人で、

      ある種の才能が秀でた偉人が数多く存在してきたという話は聞きますが、


      この域は、偉人を超えて、神の領域に達している気がしました。



      以上、2人の偉大なアーティストの話でした。

      スポンサーサイト

      2015.05.18 Monday

      0
        コメント
        はるの映画、見に行きたいね★
        はる役の岡田将生くんといずみ役の加瀬亮、
        どちらもKANIの大好きな俳優さんです。
        なので、このキャスティングはとっても期待できそうです!!!

        また遊びおいでな〜( *´艸`)
        • by KANI
        • 2009/05/25 2:46 PM
        コメントする